遺品整理について

遺品整理とは故人が居住していた部屋やお住まいなどを片付けることです。

少子高齢化や単身者世帯急増に見られるように世帯構成員の減少などの社会経済構造の変動を背景に、遺品整理のニーズが急速な伸びを見せています。

遠方の親戚が亡くなり部屋の片づけが必要になった、形見分けに時間がかかり不要品処分が進まない、音信普通の親族が孤独死したなど従来のように遺族や親族だけで片付けることが困難な事例が典型的です。

このような社会的背景のなかで、21世紀に入ってから遺品の整理を取り扱う事業者が急増しています。

9000社に及ぶとの推計もあるほどですが、新たな事業であることやセンシティブな側面をもつ事などが関係して、依頼者との間でトラブルになる事例も急増しています。

消費者問題に取り組む国民生活センターにも、杜撰な遺品の取り扱いや不明朗な見積もりと高額請求、極端な事例では金銭や貴重品の窃盗事件など、利用者の増加に伴いトラブルも増えているのが現実です。

従来の遺品の整理では、親族が形見分けの機会もかねて親族一同が立会い、それなりのマンパワーも確保できたので専門家の助けが無くても十分可能でした。

しかしゴミ屋敷や遠方に居住する状況などを前提にすると、今後の遺品整理では専門家の存在感が増していくことが予想されます。

そこで遺品整理を専門業者に依頼するにあたっては、本当に信頼に足りる事業者であるかを、見極めることが求められます。

この点で有力な指標になるのは、遺品整理士という専門家の存在です。

遺品整理士とは、一般社団法人遺品整理士認定協会が認定している民間資格のことで、効率的な整理作業だけでなく、法令順守や遺産整理特有の気配りや配慮などにつき専門スキルを身につけた遺品整理の専門家のことです。

遺品整理を依頼するにあたって信頼できる業者を選ぶべき理由には、もうひとつ業務の多彩さを指摘することが出来ます。

遺品整理では遺族が引き継ぐべきものと、不要品の分別などはもちろんですが、生活臭などの消臭作業や遺品の供養なども含まれ、悪臭が残っているときは特別なケアも必要になります。

遺品整理の舞台になった家やマンションの今後の用途を踏まえれば、リフォームやハウスクリーニング、家屋の解体など別分野の専門家との提携なども必要な場面も想定されます。

このように遺品整理は、その作業に専門スキルが要求されるばかりか、異業種の援助の需要もあるなど業務の裾野は広がりを見せます。

このような特性をもつからこそ、信頼できる遺品整理業者への依頼が何よりも重要なわけです。

関西の遺品整理なら関西遺品整理センター

遺品整理を専門的に取り扱う事業者は2002年ごろより急増し、現在では規模の大小を含めると全国で9000社に上ると推測されています。

遺品整理の問題に直面する遺族や関係者の数が急増していることが、事業者が参入する背景にあるのは確かです。

なかには不要品回収業者が業務展開拡大の一貫で、遺品整理に参入することも珍しくありません。

世帯構成員の減少や単身高齢者世帯の急増などは、地方も都市圏も関係なく(もちろん程度の違いはありますが)深刻な課題で遺品整理に対するニーズは日本にくまなく存在すると考えることが出来ます。

したがって、仮に自分が遺品整理の問題に直面したと仮定しても、比較的身近に、遺品整理業者を見つけることが可能かもしれません。

しかし遺品整理業者が急増したことは、玉石混交の状況となっているのは、残念ながら認めざるを得ません。

悪質な遺品整理業者にまつわるトラブルには、大事な遺品を粗雑に取り扱われた、勝手に追加作業費用を請求するなどが典型的ですが、なかには金品の東南や不法投棄など法令違反に出る業者の存在も指摘されているところです。

つまり遺品整理業者は、どこの業者に頼んでも満足できる結果に終わるとはかぎらないので、慎重に業者選びに臨む必要があるわけです。

この点、関西一円で遺品生理の信頼できる専門家集団をお探しなら、関西遺品整理センターがおすすめです。

スタッフのなかには高級ホテルでの勤務経験のある元ホテルマンなど、ホスピタリティの専門家が在籍しており、安心できめ細かな遺品整理を期待することができるからです。

サービスと費用とは比例関係にあるので、きめ細かい対応は高額の出費が心配になるかもしれません。

費用負担についても、関西遺品整理センターでは、依頼者様の負担を出来るだけ軽減することを社是にしており、お客様目線でのサービス提供に尽力しています。

もちろん依頼者様の「負担」には、遺品整理に必要な経済的負担も含みますが、遺品の整理特有の問題ともいうべき心理的負担も軽くしたい、との思いもこめられているのです。

遺品整理は誰にとっても、ある日突然直面する課題です。

ときには晴天の霹靂、下極端に言えば解決困難なトラブルとの所感をもつかもしれません。

関西遺品整理センターでは、このような依頼者様の不安な心境に寄り添うサービスを大切にしています。

ゴミ屋敷の清掃や不要品回収、リサイクルまで遺品の整理に随伴する課題の解決も大船に乗った気持ちで依頼出来ます。

関西遺品整理センターの詳細はこちら

関西遺品整理センターがやってくれる事

遺品整理の必要に迫られて当惑している方にとって、事態の把握に努めるのが先決です。

故人との関係が生涯の最後まで継続しているならまだしも、数十年以降にわたって音信普通であったり、単身者であったがために単に親族であるという理由だけで遺品整理に迫られるなど関係者を取り巻く状況もまちまちだからです。

次に問題になるのは、遺品整理にプラスして別の問題が顕在化していないかも重要。ゴミ屋敷であったり、不要品の処分の規模や消臭の必要性の有無等、遺品整理だけでは対処できない場合もあるからです。

この点、関西遺品整理センターに遺品整理を依頼すると貴重品と処分品の仕分けや、貴重品の捜索回収のほか不要品の処分など、遺品整理に必須のメニューはすべてサービスに含まれます。

不要品回収業者では必要性の有無と、分別だけが作業の中心になるのできめの細かいサービスには対応できない場合があり、それが依頼者とのトラブルの原因にもなっているのです。

関西遺品整理センターでは、「遺品」を引き続き承継するもの・形見分けの対象、処分するものなど依頼者のニーズに細かい分別を実践、権利書や預金通帳などの貴重品もモノが多い状況でも安心して任せることが出来ます。

もちろん不要品回収時は法律の基準に応じて分類し、正当な手続きをふんで適法に処分しています。

仮にゴミ屋敷上体であっても、関西整理センターならプロのスキルで厳正な対応を提供してくれます。遺品の供養についても僧侶が立会い、仏壇供養や各種の遺品供養なども含まれます。

遺品のなかには形見分けの対象にならない場合でも、換金性のある動産類が含まれることも。具体的には貴金属や骨董品・自動車やバイクなどが含めれている場合がありますが、関西遺品整理センターでは、相場額での買い取りも可能です。

遺品整理後の家屋や底地の処分を検討している場合のニーズにも対応しており、家屋解体やリフォーム、ハウスクリーニングや不動産会社などそれぞれのサービスを提供する提携会社の紹介してもらうことも出来るのです。

なお、遺品整理後の簡易清掃は無料です。

そして関西遺品整理センターに依頼するときの流れを確認しておきます。

相談内容に応じて現地訪問見積もりのスケジュールを調整し、現地視察の折に見積もりを提示。

見積もりの内容を確認して納得頂いてから、作業開始し最終立会いにて作業は終了となります。

当日見積もり、当日作業開始にも対応しているので、詳細は事前に確認することをおすすめします。

関西遺品整理センターの評判は?

遺品整理サービスを利用するのは、ほとんどの方にとって生涯に1度か、せいぜい2度の経験です。

少子高齢化の深刻な状況は、遺品整理業者の新規参入を促進する要因になっており、この傾向は今後も継続するもと考えられます。

したがって数多くの遺品整理業者を選択するべきか比較対照できるデータが欠しく、どこに依頼すれば満足できる結果に到達できるのかにわかには判断できないかもしれません。

関西遺品整理センターは数多くの実績があり、必要なサービスの選択肢も豊富で推奨できる遺品整理の専門家です。

しかし本当のところはどうなのか不安を抱く方も。

そこで関西遺品整理センターを実際に利用した方の口コミを幾つか御紹介します。

「ていねいに片付けてもらって、自分では見つけることが出来なかった預金通帳なども発見してくれました。事前の見積もりより不用品が多く出ましたが、追加費用を請求されることもありませんでした。簡易精巣も無料とはおもえないほどで、十分きれいにしてもらえたので依頼してよかったと満足しています。」

関西遺品整理センターでは基本的に見積もりを超過した請求額になることはありません。

お住まいの間取りや広さなどに応じて、明確な料金体系が設定されているので追加請求の心配もないのは安心感が高いです。

ただ家電4品のようにリサイクル料金が発生するときや、極端に不用品が増加したときなどは、依頼者と相談のもと再見積もりのケースになることもあります。

「大阪市内で遺品整理を依頼しました。突然のことで時間も確保できない状況のなかで、現地調査に来てもらって、即決。当日作業に取り掛かっていただき、2時間ほどの作業で終了しました。男性2人と女性1人のスタッフで、スピーディーと同時にきめ細かい対応や気遣いがよく有難かったと思います。

遺品整理の必要な場面では、当日に作業を終了させたいとのニーズも存在します。

関西整理センターでは関西一円を重点にした地域密着対応なので即日契約・当日作業終了も可能なのは、多忙ななかで遺品整理のタスクに直面している方にとっては心強いといえそうです。

「年齢のせいもあり現場で立ち会うことが出来ませんでした。本来なら立ち会うべきところですが、柔軟に対応してもらえました。後日写真で当日の作業の様子を確認することができたので、依頼してよかったと満足しています。

関西遺品整理センターでは作業の前後で立会いが必要ですが、困難な事情があるときは立会い不要サービスにも対応します。

関西遺品整理センターのまとめ

従来は親族が亡くなっても親族が集まり、形見分けの機会をもつことで故人の持ち物の処遇をきめるのが一般的で、第三者の労力の介入をまつ必要性は高くありませんでした。

しかし少子高齢化を主軸に展開する社会経済構造の激変のあおりをうけて、遺品の整理に焦点が当てられるようになりました。

遺品整理とは、亡くなった方の部屋や住居を片付けて、然る後の使用や処分に備える作業のことです。

かつては不要品回収の一貫としてサービスが提供されていましたが、2002年頃より遺品整理を専門に取り扱う事業者が急増する勢いを見せています。

新規にこの事業に参入した事業者の数は9000社をくだらないとも言われます。

その結果遺品整理を依頼する事業者をさがすのに困る事態は減少したものの、依頼者との間でトラブルとなる業者も後を絶ちません。

トラブルの中身は杜撰な遺品の取り扱いや、高額請求などですが極端な事例では犯罪行為と評価されてもおかしくない事例も。

このような事情を踏まえると、安心して遺品整理を依頼するには、信頼できる遺品整理業者を見極めることが必須です。

見極めのポイントの一つは遺品整理士という専門資格者の存在と豊富な実績があることといえます。

関西遺品整理センターは、信頼できる専門家と豊富な実績の両面を具備しているので遺品整理を依頼するのにおすすめの事業者と評価できます。

遺品整理センターでは依頼者に経済的にも心理的にも負担を可及的にかけないことをポリシーにしているので、安心して遺品整理を御願いすることが出来ます。

遺品としてのこすべきものと不要品として処分するべきものの分別はもちろん、重要書類の探索のほか、独自の機材投入による強力消臭、遺品供養のための僧侶の派遣まで遺品整理に関連する課題にキメの細かいサービスで応えてくれます。

また不要品に分類されても貴金属や骨董品・自動車など換金性の期待できる動産類の買取にも対応。

事後の使用や処分のために必要なハウスクリーニングやリフォーム、建物解体や不動産処分のための不動産会社など関連分野の専門事業者とも密接に提携し、ワンストップで遺品整理にまつわる問題の解決を実現出来るように尽力しています。

実際に関西遺品整理センターを利用した方の口コミでも、追加請求のない適切な見積もりや時間の余裕の無い方には即決対応するなど、クライアント目線でのサービスに高い評価が見られます。

遺品整理の問題に直面したら、関西一円対応の関西遺品整理センターの利用をおすすめします。

関西遺品整理センターの詳細はこちら